Xserverでオプション独自SSL(CoreSSL)を無料独自SSL(Let’s Encrypt)へ切り替える手順

Xserverで無料独自SSL(Let’s Encrypt)が提供される前に、オプション独自SSL(CoreSSL)を契約していたので、これを機に無料独自SSLへ切り替えを行ってみました。

インフォパネルでSSLを解約してみると、有効期限が切れるまではSSLが有効とのことで、サーバーパネルで無料の独自SSLが発行できない。。
有効期限切れを待ってからじゃないと駄目かと思い、Xserverさまに問い合わせてみると、下記の手順をご教授頂きました。

以下、回答
オプション独自SSLを無料独自SSLへ差し替える際の手順を以下にご案内いたします。

▼オプション独自SSLのアンインストール

(1)インフォパネルへログインしてください。

(2)画面左側の『解約』メニューから独自SSLの解約申請を行ってください。

(3)インフォパネルのトップページへ戻り、画面右側の『ご契約一覧』より「SSL証明書」へお進みください。

(4)対象コモンネームの「アンインストール」をクリックしてください。

※アンインストールを行うには、対象の独自SSLが解約されている必要がございます。

このアンインストール操作が完了した時点で『https://■コモンネーム■/~』というURLでのアクセスはできなくなり、下記のインストール作業が完了して1時間ほどが経過することで再度アクセスが可能な状態となります。
この間、どうしても一時的に『https://~』というURLでのアクセスが不可能となりますこと、ご了承くださいますようお願いいたします。

▼無料独自SSLのインストール

(1)サーバーパネルへログインしてください。

(2)『SSL設定』メニューへお進みいただき、該当のドメインを選択後、「無料SSL設定の追加」タブを開いてください。

(3)SSL設定を追加するドメイン(サブドメイン)をプルダウンから選択し、「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックしてください。

※SSL接続がご利用可能となるまで最大30分ほど要する場合がございます。

■マニュアル:無料独自SSLの設定方法
■Xserver:その他、SSL関連のよくある質問

以上、お役に立てば幸いです。

【解決】FlexScan EV2456-RBK買ってみたけど、文字がにじむ?

2016年11月に発売されたばかりの「FlexScan EV2456-RBK」を買ってみました。

毎年12月は仕事1年頑張りましたご褒美+誕生日月ということで、お買い物をするのが唯一許されている月なのです。ひゃっほー。

意気揚々と古いモニター(DELLの24インチ フルHD)から新しいモニターに接続を切り替えてみると…。

お~、縦1080と1200はだいぶ違う~。画面も心なしか綺麗~。特に画像綺麗~。なんて喜んでいたのもつかの間。。。

あれ、何かテキスト滲んでません?テキストの縁が緑っぽいというか赤っぽいというか…。

まさかナナオさんが悪いわけはない。絶対俺が悪いはず。

でもなんで?何かモニターの設定が悪い?

ということで、あれこれモニターをいじってみたものの改善せず。

はたまた、Windows10のフォントが駄目?これまでの1万円代のモニターでは綺麗だったけど、モニターが若干高価になったからWindowsさんの粗がでちゃった?

などと、フォント周り(ClearTypeテキストの有効化とか、ブラウザのフォント設定とか)をあれこれ試してみるが改善せず。

もうEIZOさんに電話するしかないかな~なんて思って最後のあがきで、D-SUBからDVIにケーブルを変更してみたところ…。

綺麗になりました^^

良かったよかった★

バクみたいなアリクイみたいな虫

dsc_0198

今朝車に乗ろうとしたところを激写。

スマホのカメラってあまり使わないけど、かなり接写出来てビックリ。

バクみたいなアリクイみたいな虫もはじめて見て面白かったけど、カメラの機能にビックリして、ブログはじめちゃった…。